Last Modify

ホームページの作り方

 ホームページは、HTMLという文法で書いた文書ファイルと、絵などのファイルの組み合わせで簡単に(?)作ることができます。
 日ごろ使い慣れた、ソフトウェアの使い方から紹介していく予定です。


作成までの流れ

  1. (準備)発信したい情報のイメージをまとめておく
  2. 文書部分の作成
  3. 絵の作成
  4. リンクなどの飾りの作成(HTMLという文法に従って・・・)
 というような流れです。
作業内容としては、大きく2つに分類できます。メモ帳などで、文字を書いていく作業と、ペイントブラシなどで絵を描く作業です。

実際の作成の流れ

 「メモ帳」や、「ワード」、「一太郎」など好きなワープロでかいてください
保存するときに、「テキスト形式」で、ファイル名は、「xxxxxxxx.htm」(xxxxxxxxは、半角でアルファベットか数字の組み合わせ8文字以内が良いでしょう)です。
●よくするミス
 ・メモ帳(Notepad)を使う場合の注意点(次のようになった場合・・・)
エラー画面

文書部分の作成

HTMLの文法紹介
 ・HTMLとは・・・
 ・HTML文書の基本構造
 ・HTMLタグ(一命令タイプ)
   改行命令、罫線命令、絵を貼る命令の紹介
 ・HTMLタグ(範囲指定タイプ)
   中央そろえ、斜体文字、太字、リンクなど・・・
 ・BODYタグのパラメータ
   背景の色や、全体の文字の色、リンクの文字の色、背景の絵の指定など

色見本表
  色の仕組み、色の名前、指定方法、試しかたなど

●高度なHTMLタグの紹介
 ・表の書き方(途中まで完成・・・
 ・リスト(箇条書)の書き方(準備中)

絵などの作成

●ホームページで使う絵の作成
 ・自分で作る方法(準備中)
 ・書いた絵を変換する方法
  ◆好きな部分を切り抜く方法
  ◆自由に拡大縮小する方法
 ・イメージスキャナで写真や下絵を取り込む方法
 ・NetScape Navigetor上で、絵をもらってくる方法
  ◆使用可能なGIFファイル集(その1)
 ・GIFアニメーションを作る方法「Animation GIF Maker」の使い方(Nobuhiro Hattori氏作成のソフト)(改訂中)
注意
 このソフトウェアは、W:\GIFANI\GIFANIM.EXE です。プログラムマネージャ上のアイコンとしては用意しておりません。

●「いんたらくてぃぶ」への可能性
 ・アクセスカウンタの使い方(準備中)
 ・訪問者リストの作り方(準備中)

ボタン失敗画面例


HTML文書作成マニュアル(武藤 健志さん)
フレームを使って記述されているため、操作が慣れていないと使いにくいでしょう

ホームページに戻る