直線上に配置
中等教科教育法II(情報)
[シラバス]
アイコン 目的と内容
  情報教育的な視点から、学校、社会などの様々な場面での学習活動を具体的な事例で整理していくとともに、それぞれの場面で代表される学習者像、講師像についても考えていきます。さらに、特定の学習者を想定し、それに対応した指導法についてディスカッションや模擬授業などの演習を交えながら検討していく活動を通して、実践的な指導法の習得を目指します。

アイコン 授業計画
  内容
本年度は、京都教育大学と連携して、相互に模擬授業をテレビ会議等で接続し、相互評価する活動も実施する予定です。

●普通教科「情報」の目標と内容
  ・情報教育の中での教科「情報」の位置付け
  ・情報活用の実践力、情報の科学的な理解、情報社会に参画する態度
●専門教科「情報」の科目とその内容
  ・主な科目の内容
●学習指導計画の立案、学習指導案の作成(演習含む)
  ・学習指導案作成の意義,学習指導案の作成方法
  ・細案・略案、レシピ
●授業の展開例
  ・情報教育事例の紹介
●教材開発の方法(演習含む)
  ・教材の内容、教材開発の方法、施策・地域で作られているコンテンツ
●模擬授業
  ・模擬授業に関する注意
●授業の評価と改善
  ・授業分析,授業評価
●学習環境の整備および情報教員の役割
  ・物的環境の整備、人的環境の整備
●まとめ

アイコン テキスト・参考図書・教材
  参考図書
1)文部省:高等学校学習指導要領解説情報編,開隆堂(2000)
2)岡本・西野・香山編著:情報科教育法:丸善(2002)
3)岡本・西野編著:情報科教育のための指導法と展開例:実教(2002)

e-Learningシステム内の自作Web教材で紹介していきます。
上記以外の参考図書は、講義の中で適宜紹介します。

評価方法
  出席、レポート提出、作成課題の評価による。

メッセージ等
   

直線上に配置