直線上に配置
教師のための情報倫理
[シラバス]
アイコン 目的と内容
   情報化社会の進展、特に、情報のデジタル化とコンピュータのネットワーク化により、今までは日常的に大きな問題にならなかった著作権侵害やプライバシー侵害、デジタルデバイドをはじめとして、様々な問題が生じてきています。
 特に携帯電話をはじめとする情報機器の急速な発展による「社会の変化」からも、学校現場において、情報モラル指導が急務とされはじめてきています。
 そこで本授業では、実際に起こった事例も参考に、情報社会における諸問題への対応力を深めながら、学校現場で情報モラルを指導するための態度の育成を取り扱います。

アイコン 授業計画
  内容

授業は、以下のタイトルの内容を11ユニットで準備しています。
初回と最終回の講義(日程は後日決めます)と、e-Learningを用いた個別指導でおこないます。
特に、電子メールや掲示板などのコミュニケーションツールをはじめ、様々な情報メディアを実際に活用していくことを重視した活動が中心となります。

0.オリエンテーション(ガイダンス)
1.情報社会の特質
2.著作権と知的所有権
3.信頼できないコンピュータ
4.情報化社会の光と陰
5.コンピュータウィルスの脅威と対策
6.情報公開制度
7.個人情報保護
8.危機回避訓練と自己防衛
9.コンピュータと健康
10.まとめ(情報モラル教育)

アイコン テキスト・参考図書・教材
  e-Learningシステム内の自作Web教材で紹介していきます。
参考図書は、授業の中で適宜紹介します。

評価方法
  各ユニットごとに修了した段階で、課題で作成した作品や、掲示板での発言などにより、個人毎の評価を行います。
合格していれば、ユニットに割り付けられた点数を得ることができます。
その取得点の合計で評価します。
評価内容や自己の進捗状況などについては、学習で利用するe-Learningシステム「学習支援システム(WBLSS)」にて、随時、確認することができます。

メッセージ等
  受講者個々の「情報活用の実践力」にあわせた個別応対をしていきます。
『0.オリエンテーション(ガイダンス)』と最終講のみ、講義・演習形式で実施することとし、それ以外のものに関しては、講義形式ではおこなわずに、e-Learning上で実施します。
オリエンテーションでは、e-Learningシステムの使い方と、授業の進め方を丁寧に紹介します。1年次が大学内の情報環境に慣れた時点となる後期(本年の場合2007年10月22日(月)、23日(火)、24日(水))9・10時限目を計画していますので、教務からの掲示物に注意しておいてください。

直線上に配置